Variable Lynxのゲーム制作日記
FC2ブログ

2019 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 01










作者の戦いはこれからだ!

途中連載打ち切りみたいな題名で始まりますが、打ち切りではないですw
ただ体調を崩してしまったので、体調が回復するまではちょっと制作休止。

回復後はまた制作に戻りますけどね。
メインシナリオのダンジョンを一つ作るまではブログの更新はしないぞ!
とか思ってたけど、少しお休みするので途中経過でも上げとこ!って感じで更新です。
madamada.png
↑紆余曲折を経て、画面はこんな感じです。
フィールド画面復活!
前作と同じで依頼を受けると専用の敵が湧きます。
敵と言うか敵の形をしたイベントですね。ほぼ戦闘ですけど。
おまけにイベントを移動して避けたりは出来ません。
イベントは目的地に湧き、主人公に向かってくるので中間点でぶつかります。確実に。
プレイヤーがどうにか避ける手段を見つけてもバグらないようにしてるので、避けても大丈夫だけどね。

100個まで同時に依頼を受けられるけど、ルナドンみたいに沢山受けると、敵も沢山湧いてどうしようもない状態になります。
ゲーム全般的に無理をしたら簡単にプレイヤーが死ぬバランスでシステムを調整するので、よく考えて行動しないと難しい。
現在はイベントと依頼とダンジョンの制作とこれらをシステム的に連結させるシステムを組んでます。
厳しいけどやり切るしかありません。

ここで更新が終わるのはちょっと文章量的に少ないので、久々にどんな作品になるかの説明もしておきます。
仕様としては確定して、今は仕様通りに動くようにコーディングしているだけなので、もう変更はありません。

システムは前作りぴーてっどと前々作のクルセイダーを足して2で割って、ダメな所は変更して色々追加して、戦闘は新しくしたもので、作者にはこれ以上のRPGはもう作れないって感じです。
いままでの集大成みたいな物になります。
作者のシステム的な構想はこれで全部出し切った感があるので、複雑なRPGはこれで終了確定です。

お話としては主人公は地球から転移で連れてこられ、言葉も通じない村に放置されます。
転生物ではありません。
紆余曲折を経て、一年後に騎士として取りたてられます。ゲームはここからスタートです。
基本的に騎士は領地を持っていますが、功績がないまま騎士になったので、最初に領地はありません。
少ない給料だけでやりくりしながら、なんとか功績を上げると領地をもらえて、資金力がアップ。
その後は領地を開拓しながら次世代を鍛えてほんの少しずつ強くしていくシステムです。
ある程度戦えるレベルのダンジョンに潜ってアイテムを揃えたりもしなければなりません。

世界観として、それなりに昔から鍛えている不老の人がある程度いるので、主人公がそれらの偉大な人々と出会って、マンガやアニメの主人公のような、舐めた口の利き方をすると大変な事になります。
例えばオッス!オラ〇〇!などと挨拶すると、口の利き方を知らんサルか……と言われた瞬間に、主人公は粒子レベルにまで分解されます。
特に不老である特定のボス達や、不老の英雄的な善や悪のパーティーとはどこででも出会う可能性があり、そこで間違った判断をするとそこで全てが終わります。
超つよい冒険者で有名な不老の人が何人もいて、彼らが恐れられたり慕われたりしてる世界なのです。

英雄的な冒険者とは別に古代から生きている魔法使いと、彼らが転生した特別なヴァンパイアとリッチは、倒せる者がいない為にほぼ不老不死。
彼ら全員が邪悪なわけではありませんが、不快に思われると危険です。
おまけに不老の人たちはほんの一部を除いてメインシナリオとは無関係で、興味すらありません。

ちなみに限界まで鍛え上げた主人公レベルの人は、世界的にみると沢山いて、不老じゃない冒険者は自分に見合ったダンジョンで稼いでる。そんな世界です。

無理をせず、強者と権威に敬意を払えば何という事もありません。
当たり前の事をやっていれば、まず死なないけれど、やばいかもしれない行動にはリスクが伴う。という事ですね。


そして魔法のアイテムは夢のある物も沢山用意……出来ればしたいです。
まあ例えば惚れ薬とか毎日お金が増える財布とか願いを叶えるランプとか色々ですね。

基本的にコンピューターRPGの魔法のアイテムは戦闘用のアイテムが多く、それ以外ではイベント用でしかないけど、普段でも作用する不思議なアイテムがあってこそのファンタジーなので一定数は用意したい。
けど、これをやると作業量が増えるので、作者の気持ち的には最小限にしたいんですが、夢が有る物があればあるほど良いので頑張りたいと思う。

こんな感じですね。

今後は体調が回復したら、ちょっと休憩を入れて、その後に制作復帰となります。
気力体力を充実させてからまた制作再開です。
スポンサーサイト



[ 2019/03/21 ] ゲーム製作日記 | TB(0) | CM(4)

ひとりで出来るもん!トンネルズ & トロールズ ソロアドツールテスト版

現在は制作中ゲームのダンジョンを制作中なんですが、ふと思ったんです。
TRPGをプレイしたら、なんかもっといいアイデアが浮かんでくるのではないか?と。
まあしかし、TRPGのオンラインセッションをする暇など作者にはありません。
ゲームを作る時間がなくなるしね。

そこで一人で出来るソロアドベンチャーが豊富なトンネルズ & トロールズ完全版を入手し、一人用のソロアドベンチャー本を購入。
このソロアドベンチャーはいわゆるゲームブックで、今回、作者の制作中のゲームはこういうゲームブック的なものを目指しているので、参考にもなるだろうと期待していました。

たしかに参考にもなるし、ルールも面白い。
ただ、キャラを作るのがちょっとめんどいし、キャラシートもエクセル用が配布されてたりするけど、自分でデータを打ち込むのが結構大変。
どんだけものぐさなんだと、思われるかもしれないけど、面倒くさがりじゃないと、そもそもプログラムなんかやりませんw
楽をしたいが為に、数千倍の労苦を厭わない精神が必要です。

エクセルで自動化出来るように作りこもうかな?と思ったけど、実際やってみたら慣れてないので作るのに時間が掛かる。
じゃあどうするか?

それでツールを作ろう!となったわけです。
ほとんど自分用のツールですけどね。
実はオンラインツールもいくつかあったけど、一画面である程度操作出来る物がほしかったのもあります。

キャラを一体作る労力の1000倍くらいの労力を使ってツールを作ってしまったので、なんだかなーと思ったけど作りました。
だけどボタン一個でキャラクリエイト可能で、おまけにデータベース完備でセーブロードが可能。
ダイスも完備!顔画像も変えられる!など、結構大変だった。

ただ、ヘルプファイルまでは作っていないので、使い方を覚えるのは結構大変かもしれません。
それに需要もかなり少ないかもだけど、一応ここで公開。
使用は完全に自己責任でお願いします。
バグがあればメールで伝えてもらえれば、時間があるときに修正します。

ツール→T&Tソロアドツール
画像↓
TTツール
TTツール2

さて、これでソロアドベンチャーが出来る!
毎日少しずつやって、ソロアドベンチャーを一個くらいはクリアしてみたい。

ちなみに、ソードワールドRPGのソロアドベンチャーが沢山あれば、ソードワールドRPGツールになってました。

ではまたね。

追記 空いた時間にソロアドベンチャーをやってたら、敵キャラをきちんとルルブ通り作ってください!って言われたので、敵データを保存出来るシステムも作らないといけない事が判明。

作業の合間にボチボチバージョンアップしていこうと思います。
[ 2019/02/28 ] ゲーム製作日記 | TB(0) | CM(0)

今後は。

ようやくふんわりしてた部分の仕様もほぼ固まり、あとはコーディングのみなんですが、予想以上の作業量で目途が立ちません。

最後に残ったふんわり仕様の部分である大規模戦闘はまだふんわりした仕様なので、大規模戦闘以外が出来てから考える事にします。

年内にいけるか?とか去年まで思ってたけど、仕様変更を何回もやったので完全に間に合いませんでした……。

基本的には内部の動作の仕様の変更や追加なので、見た目はあんまり変わってないんですけどね。

というわけで色々大変で、ブログの更新をする時間が無いので制作中のゲームのα版かβ版が出来るまでは、しばらく更新を停止します。


ではまたね。


[ 2019/02/03 ] ゲーム製作日記 | TB(0) | CM(0)

作者は生きてます。

 作者はなんとかまだ生きてます。
死んではいません。
作者は生きてます。
ただ、最近は時間が無くて、とてもブログまで手が回らないのです。

まあ、普段通りな生活なんですけど、なかなか怪我が治らないというか、結構治ったけど完全体にはまだ戻ってないので通院でかなり時間が取られてしまい、ブログなど趣味的な物にしわ寄せが来ている感じです。

なのでしばらくはブログの更新は滞るけど、中の人はちゃんといるので作品は作ってます。

ゲームの方は結構仕様変更が多く、結構変わった点としては、まず冒険者が存在している事。

仲間に出来る一般人と冒険者と奴隷と召喚獣のうち、冒険者はちゃんと動くようになります。

動くというか、冒険に出て稼いで来るように。

固定の強キャラも何人か仕込みたいけど、まだまだやらないといけない事が沢山あるのでいつになるかわかりません。

NPC全体の人数も最初のオプションで設定出来るのでNPC数千人以上とかでゲーム開始出来るけど、NPC何人まで行けるかはPCスペック次第です。

あとは抽象的だけど、出来るだけプレイヤーの妄想とか空想など自前の脳で処理をしてくれる様に作る事。

そのためのシステムの簡略化や省略を駆使して開発中です。

そのうちどんな物になったのか説明します。

あ、そう言えばフィールドマップは消しました。ここはもうコマンドボタンだけでよし。

最後に今回の画像はダンジョン選択画面で、1~2個ずつ開放されていきます。

主にウィザードリィリスペクトから来たダンジョン。

決してパクリでは無く、リスペクトです。

画面にある女王の試練場から災禍の迷宮までがメインストーリーで、それ以外はエンドコンテンツです。

それと臨時ダンジョンを見つければそこもここから行けるようになります。

今日はこんな感じです。

ではまた。
[ 2018/11/01 ] ゲーム製作日記 | TB(0) | CM(0)

スマホ

最近は通院やリハビリなどで、退屈な時間を過ごす事が多い。
病院には本なども置いているけど、興味のありそうな物は読みつくした。

さらに携帯も禁止である。

非常に退屈極まりない。

しかし、病院で携帯を触る事は出来ないけど、退屈な時間を潰せるスマホアプリは生活に欠かせない。

暇は潰したいけど、課金するゲームはお金がもったいないのであまりやりたくはない。
課金はやり続けなければどんどん取り残されていくのでちょっとね……

それに、すでに課金してしまっているゲームもいくつかあるので、これ以上は望ましくないのだ。
永遠にサービスを続けてくれる保証があれば課金するのもやぶさかではないが、それはあり得ないし。
どうせなら買い切りのゲームがいいけど、作者が好きそうなゲームはないし。

ならば作ろうではないか。

作者の暇つぶし用のアプリを!

アンドロイドでは作った事なはいけど、やったら出来た。実機画面↓
ゲーム画面2
Screenshot_20180814-080830.jpg
最終的には実機でテストしないといけないのがめんどうだけど、サクッとプレイ出来るのは魅力的です。
最近はゲームの修正ばかりで気が滅入っていたので気分転換に作ってみようと思います。
心がすぐに折れる感じだったので、気持ちをここで入れ替えたい。

最初は主人公一人で遊ぶ事が出来るゲームを作ります。
最初だから習作ですね。
戦闘は一対一。

制作期間はとりあえず1週間で、出来が良いと思えばGoogle Playにアップしたい。
ただ、無料で登録は出来ないので、結構普通だなと思えばアップはしません。

ではまたね。
[ 2018/08/14 ] ゲーム製作日記 | TB(0) | CM(0)