2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10









RPG Maker

RPG Maker とはRPGツクールの海外販売バージョンです。

2CHなどでは議論の絶えない両ソフト。

作者が持っているのもRPG Makerで、スチームセールのときにDLCという追加素材全部と共に購入しておきました。

RPGつくーるって正直言って良いお値段です。

でもねsteamセールでRPGツクールっていうかRPG Makerがあるとめっちゃやすい。

寄付で1ドルとかいくつかのDLC込みで海外の別のサイトで売ってたりもします。
これは売るって言うか寄付のお返しにsteamのゲームあげます!みたいなシステムです。

そんな安く変えてしまう時もあるものだから海外版のほうが良いのではないか?と思うかもしれませんが、
日本語版じゃないと日本のRPGツクールの認証が通らない。
問題といえばそれだけです。

でも他にも問題があって色々と紛糾していたので(いいがかりも含めてね)作者もRPG Makerを積んでいたわけです。

最近色々あってぼうっとしてたので外国のRPG Makerのサポートとメールのやり取りをしてみました。
そうしたらね、創作活動の成果物をどこで(国ね)公開しても、売ってもOKとのこと
買ってある素材のDLCの著作権表示をしっかりしておけばまったく問題はなさそう。

一応このブログで見たことを鵜呑みにしないでRPG Makerを持っている人は、
是非サポートに聞いてみるのをお勧めしたい。
メールを出すと翌日にはサポートの人からすぐに返事がきますので安心^-^
でもびびって損したわって思う事になるとおもうw
正直作者はびびって損してた。
しかし今から買いたい人は、今見たらateamで7000円くらいだったのでなんらかのセールを待つほうがいいのかもしれない
日本のサイトで認証が通るわけでもないしね。
steamで買ったら海外版であるRPG Makerの所有権?利用権?はあるんだけどね。
RPGつくーるとRPG Makerの管理が違うからいろいろと良かったり良くなかったりする部分はあるけど、
値段的に安い方を取るか、万全のサポートで日本語の通じるメールの返事が帰って来る日本版のほうがいいのか?
そこの問題だとおもう。
いちかばちかでRPG Makerのサポートに最初日本語でメールを送ってみたけど当然内容が通じなかったのはひみつだ!
やらかしたよマジでw

でもRPGツクールで一番の問題はスクリプト部分なので、そこのサポートがどちらともなされないので、作者にとっては意味は無かったです。

というわけでいままでずっと放置してたけど最近精神的に疲れてるので気晴らしにちょっとやってみようかな?
rpg Maker vx aceで使用できる言語はRUBY(改造版)なのでその勉強もついでに出来るし。

ではまたね。
スポンサーサイト
[ 2014/09/16 ] 日記 | TB(0) | CM(0)