2014 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 09









状態異常に掛かってしまった

回復魔法の回復量表示システムを作ってなかったのでそれを作っている最中、ふと思いついた。
HSP登録しているとHSPさんの運営するサーバーのランキングシステムが使えるのだ!
前作でもそれでランキングとして伝説の勇者30を表示していた。
今回は自分の露店なども作りたかったから全部自作でやろう!と思った訳だけど、それをやるのはしばらく時間が掛かるので、仮にHSPさんの方でランキングを作っておこう!と思ったのです。

そして参加者ログインしてInfinite Life+ Crusadersの情報を久々に見てみたら、1点だった><;
世知辛い世の中だぜw
点数はコンテスト参加者としてやっぱり気になる部分ではあります。
でもフェイスブックでいいねをしてくれていたひとが15人もいたので結構救われましたけどね^^
まあ、一喜一憂するのがコンテストなりテストなのでこういうところも楽しいですね。
今回はショックを受けたけどねw
当然うれしい時だってあります。

コンテスト終了までに全改変部分を完成させたい所ですが、はっきり言って厳しい。
作業ペースはかなり早いんだけど。
ので、まず先に自分で全部実装するまで仮ランキングの設置を行っておきます。
これでお店を作ることも可能ですが参加人数が限られてしまうので今回はランキングだけ。
作者が自分でサーバー処理を作ったら置き換えますけどね。
改変前のバージョン用として評価点は何世代目か?と現在の特性評価だけにしておきます。
あ!あと、どのボスまで倒しているかも加味して評価します。
問題は最終ボスを倒したかどうかがわからないんだけど、破壊不能にほぼ等しいボスなので誰も倒していない・・・
として問題はないだろう。
今LVや能力値などを評価してしまうと新バージョンになるとLVや能力値が一気に下がってしまうので、旧バージョンのほうがランキングが高い事態が発生してしまうのです。

この作業は僧侶魔法をコンプリートしたら取り掛かって、完成しだい現公開バージョンをアップデートします。
でも、今日はしょんぼりしているので作業は中止。
しょんぼりの状態異常から回復後作業に戻りますw

ではまたね。
スポンサーサイト
[ 2014/08/31 ] ゲーム製作日記 | TB(0) | CM(3)

魔法の効果

一応修正も終わり、書いたスクリプトを見直しているとふと気がついた。
継続ダメージを与える魔法が無いではないか!!と。

魔法使いに単体継続ダメージ魔法と、僧侶に列と全体の継続ダメージ魔法二つを新たに追加しよう。
僧侶の魔法は呪いとかにしておけばいいだろう。
魔法使いは炎の壁ね。
魔法使いばかり魔法を追加するとバランスが良くないので今回は僧侶魔法増量で。
すでに魔法の方が僧侶の魔法よりも種類が豊富なのでその対策の一環です。
これは状態異常にさせる魔法だけど、回復期間が特殊な魔法にします。
眠り状態とかは攻撃すると回復したり、あらかじめ決められた期間で目が覚めるけど、
継続ダメージ魔法は一旦効果を及ぼすと少しずつ威力が低減していってダメージが0になったら終了。
おまけに重ねがけOKのスペシャルなやつに仕上げたい。
ただ、MPの仕様を変えたので連打はきびしいし、バランス的にもまだよくわからないので最初はおとなしめの調整で作成します。

僧侶魔法は明日からかな?
40個くらいあって平日で大体10個位が限界なので、もしかしたら明日40個いけるかもしれないけどそこまで頑張れるかは謎。
ちなみに魔法カテゴリに書いてある魔法は全部作っていきますが、そのなかの精霊魔法カテゴリだけは召喚しかないけど精霊を呼ぶとプレイヤーと仲間全員がなんらかの強化をされ、精霊自身も魔法で攻撃したりしなかったり・・・
するのが精霊魔法です。
呼んだ時に召喚獣がいたら容赦なく召喚獣は消えますw

戦闘システム的には敵が1000匹になろうが味方が1000人になろうが対応出来るように意図して作ってますけど、画面的にもう無理なのですw
4キャラ+1しか配置出来ません。
これは説明書にくどいくらい書いておかないといけないだろうな・・・
まあでも敵が1000匹って面白いね。
真ん中のお城に入る前に1000匹と戦ってもらおうかな?
年に一回1000対5のバトルw
でも、戦闘が長引きすぎるか。
100匹位だったら多分問題はないかな・・・
100匹にしよう。
敵フルメンバーが最大20匹で100匹だと5回戦分だから、敵フルメンバーと5回戦える力があったら突破出来るのかもしれない。
1000匹だと50回分だからどんなに強くても勝つのはおそらく無理だろう。
キャラ達のMPにもよるけど。
多分ぼろ雑巾のようにぼろぼろになって死んでいくはず。
まあ、先の話だけどね。

さて魔法作らないと。
ではまたね。
[ 2014/08/30 ] ゲーム製作日記 | TB(0) | CM(0)

魔術完成

魔法使いの魔法は2種を除く57種の製作完了。
若干バグがあるのでそれの修正とログ生成が狂っている部分の調整をして終了です。
次は僧侶の魔法全38種に挑戦します。
その次が精霊魔法。
戦士系はかなり特殊なものがあるので最後になります。

簡単だけど状況はこんな感じです。

ではまたね。
[ 2014/08/30 ] ゲーム製作日記 | TB(0) | CM(0)

LV6神魔法以外完成

Infinite Life+ Crusaders_魔法LV6
なんで神魔法が出来ていないのかというと、名前が思いつかなくてまったく先に進まないのです。
神魔法って仮名なんですよね。
良い名前ないかなー。

とりあえずいい名前が思いつくまで放置しておこう。
このゲームの魔法の名前は日本語かドイツ語です。
フォエアはドイツ語で火をフォイアーと言うので少しだけもじってフォエアになってますw
フォエアは火に似たなんらかのエネルギー弾なんですがとりあえず火をもじりました。

ゲームの舞台がドイツっぽい異世界周辺なのでそうなってます。
魔法全部をドイツ語にすると意味が分からないので状態変化っぽいものは日本語。
攻撃みたいな魔法は意味が分からなくてもドイツ語っぽいなにかです。

作者が別にドイツが大好きなわけでは無いです。
たまたまモデルがドイツ周辺だったので魔法もそれに合わせてます。
でも、この世界に日本人がいないとちょっと寂しいので日系人もここまで逃げてきているんだ!ということで、名前が日本人名になることもあります。
キャラを見た感じ田中さんや鈴木さん、佐藤さんなどという苗字がまったく合わないので苗字だけは西ヨーロッパ世界にあわせてます。侍みたいなキャラもいるんだけどねw
多分こっちに逃げてきたときに苗字を変えたんだろう!
一応このゲームの東の世界の国はみんな滅びている設定ですけど、人間は隠れて暮らしたりしていて全滅はしていない設定です。
そんな人たちが命からがら魔族から逃げのび、ゲームに存在する各町に流入しているので絶対に人口は一定以下にはならないのです!
キャラをよく見るとアラブ系だったり中華系だったりするのはきっと東から逃げてきた人の末裔なんだろう。
いつかアラブ系の名前も増やそう。
ロシア系の名前も捨てがたいがちょこっとはあったと思うので、まずふやすならアラブ系。
そんな世界だと本来は宗教関係も大変なんだろう・・・と思うが、この世界はエルミナ教しか無いので心配は無用。
でも、新教が現れる暇も無くエルミナ教はこの時代が最盛期でこの後一気に衰退していきます。
それは、この時代以降は魔法が一切使えなくなるので神様の存在証明が出来なくなるのです。
(神の力で魔法が使用出来ているのが明らかだったので神学が発達しなかった為)
そこに未来を見通す少女or少年が現れ、生き残った人類の暗い未来を変えるべく頑張る。
のは別の話。
今回はとりあえず人間が滅びるのを食い止めるまでの話ね。
真ん中のお城を取り戻した人の子孫が滅亡を食い止めますw
次が未来を見通す少女が敵をやっつける準備に人生を費やす話。
最後が決戦の話です。
だいぶ話がそれたけどまずは第一部を完成させないと!!
魔法は神魔法をスルーするのでこのまま一気に完成させます!
魔法もLV7を越えたら少なくなるし僧侶の魔法は元から少ないしね。

ではまたね。

[ 2014/08/28 ] ゲーム製作日記 | TB(0) | CM(2)

魔法LV4と5完成

魔法をひとつずつ作っているが、ちょっと魔法おおすぎるわ!!
とさすがに思った。

でもまあしょうがない。
何世代にもわたってゆっくり使用できる魔法のLVが上がっていくので、1LVあたりの魔法種類は多めにしないといけないしね。
作業的にも流れ作業になっているのでらくちんではある。
すぐ出来る分チェックがおざなりなような気がしないでもないけど・・・

今回の魔法は10段階でわけてて、LV7くらいまで使えたらいいかな?という気持ちでやってます。
それ以降はおまけ魔法です。
NPCもちゃんと親から熟練度を引き継いで生まれた子供じゃないと高LV魔法は使えない設定にします。
(前バージョンよりもっとひどく)
NPCが、一世代勉強をがんばってもLV2くらいまでの感じ。
地元の魔法学校のLVによっても違うだろうけどさ。
先祖代々続いてきた家系が一つ潰れるだけでも結構な痛手になるようにね。
まあ、沢山人はいるのでどのくらいの痛手なのかはプレイをしない作者には予測することしか出来ないけど・・・

今日はこんなところかな?ではまたね。
[ 2014/08/27 ] ゲーム製作日記 | TB(0) | CM(0)

朝一で

Infinite Life+ Crusaders_味方選択
朝起きたらやる気があったので味方単体選択を普通に作りました。

よくがんばったよ・・・おいらも。
これで一部の魔法を除いてすんなりいくだろう。
一部の魔法はアレ、神様にお願いして奇跡を起こすやつね。
そこでまた絶望してしまう予感が・・・

そこに辿り着くまで考えないようにしよう。
ランダムで効果発動!という仕様にしたら楽勝だしね。

あと、ここまで作って、テストの為に召喚してみたら、召喚獣が攻撃の時に画面上で動かなくなってしまっていた。
ダメージはちゃんと与えているので、あまり問題は無いけど、そのうち修正しないといけない。
いつ動く部分をいじったのかさだかではないけど、なんかの影響で動かなくなってしまったんだろう。

魔法名がいままで無かった魔法も名前を付けながら作っているので、ブログの方の魔法カテゴリもついでに修正しながら作っています。
全部完成したらもっと細かく分かりやすいように書きたいけど、今はただの作者のメモ帳になっています。
説明書の方も戦闘が完成したら一気に書き直さないといけないな・・・

今回で戦闘部分の壁はある程度突破できたのでだいぶ見通しは明るくなってきました。
魔法LV2もほぼ完成したし。
ちなみに強化や弱体化系、状態異常の魔法は重複可だったり、効果を新規上書きしてしまうものがあります。
これは敵味方含めて沢山あるのでわざわざ説明は書きません、というか書く暇がありませんのでゲーム中に食らったり与えたりして確かめてください。

ではまたね。
[ 2014/08/26 ] ゲーム製作日記 | TB(0) | CM(0)

なんとか

なんとか敵の行を選択する部分が完成。
Infinite Life+ Crusaders_gyou
戦闘で必要な敵選択方法は全部で4つ
1敵単体
2味方単体
3敵列
4敵行
味方全体と敵全体は別に選択肢が無くてもスキルを選ぶといきなり発動!で問題ないはず。
1と3,4はこれで完成したのであとは2の味方単体の選択肢のシステムを作ったら完成。
あと一個で楽になれる・・・
まあ、一つ一つのシステムを作るのはたいしたことは無いです。
結構すぐ出来ます。
だけど作らないといけないものが多すぎてそれがプレッシャーになり精神的につらいところです。
鬼のように機能をぶち込んだので自業自得なんですがさすがにやりすぎた・・・

ここまで大変だったので味方の選択は簡単に作るつもりです。
多少ひよりましたw
でも全体としては前バージョンよりはるかに良くなっているので問題はないかな?多分。
選択システムは後一つ!がんばろう。

ではまたね。
[ 2014/08/25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

魔法LV1完成

Infinite Life+ Crusaders_魔法LV1完成
魔法LV1が全て完成しました。
これは全ての魔法のおおよその雛形が出来た、ということです。
製作が必要なシステムで残っている物は、味方の選択と敵の行選択。
それはどちらとも魔法LV2で使用するので早速製作に取り掛かり、そこまで出来たらあとは流れ作業で全ての魔法が順次完成していくことになります。
まだシステム的に作らないといけない部分は沢山ありますけど、NPCのAIはそこに辿り着くまで時間がかかりそうなのでしばらく凍結。
プレイヤーが直接何をするか指示する仕様に変更しています。
攻撃を選べば自動で相手を選び攻撃し、HPが少なければプレイヤーが指示する前に勝手におくすりで回復しますけどスキル自体はプレイヤーが種類と相手を選べるようになっています。

ではまたね。
[ 2014/08/24 ] ゲーム製作日記 | TB(0) | CM(0)

ユニークなID完成

プレイヤーごとのユニークなIDを作る処理が完成。
ニューゲーム時に最初に決める名前をオンラインで永遠に使用する名前にしました。
そのあと訓練所で名前を変えてもオンラインで使用する名前は変わりません。
ユニークなIDが重複する可能性は、自然な環境であれば恐ろしく低いです。
ガチャで一等が当たる確率などそれに比べれば赤子同然!
の低確率でしかありません。
ただし!クレジットカードのセキュリティなどに比べればザルのような感じですけどね。
まあでもこれくらいで勘弁しといてやろう!!
これで自然に他人と重複してしまったらもはや運命としか言いようが無い!

ここまで出来たら次は何をしようかな・・・
予定的にはキャラのランキングが一番簡単かな?
今度はランキング100位まで表示しよう!

そうなるとまずはキャラの評価か・・・
一世代ごとに1点
レベル10ごとに1点
キャラ特性が10点満点評価
同じIDからは一キャラだけ登録可能!な仕様に。

これはホームページ上でも見れるようにして、ブログにもリンクして・・・
このゲームのオンライン的なものはすべてホームページで誰でも見れるようにするつもりです。
参加できるのはゲームしている人だけですけどね。

こんな感じでいろいろ考えてたらやる気が出てきたのでその前に本体改変に戻ります!
また嫌気が差してきたらオンライン関係を作る感じで作業を進めようと思います。
nemurinokiri.jpg

ではまたね。
[ 2014/08/22 ] ゲーム製作日記 | TB(0) | CM(0)

サーバーと通信してチェックする

簡単なソフトウェアチェック
クライアントとサーバーが通信して簡単なチェックをする事に成功!
もうちょっといじって少しでも改変されたような形跡のあるexeからの通信をシャットアウトしなければならないな。
さらにこれでファイルの自動更新も可能に!やらないけどねw
今のところ認証は一瞬で終わり。
正しいソフトウェアだったらここから先に進めるように作ります。

次はキャラクターの登録かな?
いや、とりあえず次はプレイヤー毎にデータが重複しないような仕組みをまず考えるか・・・
IDとパスワードが設定できれば速攻で完成するけど、オンラインモードを使用するなら名前だけでも自分で付けてもらうかな?
8文字までくらいで。
前作のオンラインランキングと一緒。
サーバーであまりデータは保存したくないので名前をサーバーで個別に保存、管理したりはしません。
それに最初に名前を決めたらそのゲーム中にはもうオンライン用の名前の変更は出来ないので注意!

今日はデータが重複しない仕組みでも考えるかな・・・

ではまたね。

[ 2014/08/21 ] ゲーム製作日記 | TB(0) | CM(0)