2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08











スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

LV6神魔法以外完成

Infinite Life+ Crusaders_魔法LV6
なんで神魔法が出来ていないのかというと、名前が思いつかなくてまったく先に進まないのです。
神魔法って仮名なんですよね。
良い名前ないかなー。

とりあえずいい名前が思いつくまで放置しておこう。
このゲームの魔法の名前は日本語かドイツ語です。
フォエアはドイツ語で火をフォイアーと言うので少しだけもじってフォエアになってますw
フォエアは火に似たなんらかのエネルギー弾なんですがとりあえず火をもじりました。

ゲームの舞台がドイツっぽい異世界周辺なのでそうなってます。
魔法全部をドイツ語にすると意味が分からないので状態変化っぽいものは日本語。
攻撃みたいな魔法は意味が分からなくてもドイツ語っぽいなにかです。

作者が別にドイツが大好きなわけでは無いです。
たまたまモデルがドイツ周辺だったので魔法もそれに合わせてます。
でも、この世界に日本人がいないとちょっと寂しいので日系人もここまで逃げてきているんだ!ということで、名前が日本人名になることもあります。
キャラを見た感じ田中さんや鈴木さん、佐藤さんなどという苗字がまったく合わないので苗字だけは西ヨーロッパ世界にあわせてます。侍みたいなキャラもいるんだけどねw
多分こっちに逃げてきたときに苗字を変えたんだろう!
一応このゲームの東の世界の国はみんな滅びている設定ですけど、人間は隠れて暮らしたりしていて全滅はしていない設定です。
そんな人たちが命からがら魔族から逃げのび、ゲームに存在する各町に流入しているので絶対に人口は一定以下にはならないのです!
キャラをよく見るとアラブ系だったり中華系だったりするのはきっと東から逃げてきた人の末裔なんだろう。
いつかアラブ系の名前も増やそう。
ロシア系の名前も捨てがたいがちょこっとはあったと思うので、まずふやすならアラブ系。
そんな世界だと本来は宗教関係も大変なんだろう・・・と思うが、この世界はエルミナ教しか無いので心配は無用。
でも、新教が現れる暇も無くエルミナ教はこの時代が最盛期でこの後一気に衰退していきます。
それは、この時代以降は魔法が一切使えなくなるので神様の存在証明が出来なくなるのです。
(神の力で魔法が使用出来ているのが明らかだったので神学が発達しなかった為)
そこに未来を見通す少女or少年が現れ、生き残った人類の暗い未来を変えるべく頑張る。
のは別の話。
今回はとりあえず人間が滅びるのを食い止めるまでの話ね。
真ん中のお城を取り戻した人の子孫が滅亡を食い止めますw
次が未来を見通す少女が敵をやっつける準備に人生を費やす話。
最後が決戦の話です。
だいぶ話がそれたけどまずは第一部を完成させないと!!
魔法は神魔法をスルーするのでこのまま一気に完成させます!
魔法もLV7を越えたら少なくなるし僧侶の魔法は元から少ないしね。

ではまたね。

スポンサーサイト
[ 2014/08/28 ] ゲーム製作日記 | TB(0) | CM(2)

魔法が使えないから神様を証明できず衰退って、
どんだけ魔法に頼ってたんだって話ですね(笑)

ところで、一部ってのがすなわち、滅亡を食い止めるまでの話ってことですよね?
となると、第二部(準備)や最終章(決戦・仮)も、新しい作品で作るのではなく、本ゲーム(インフィニットライフ)でやるということですかね?
[ 2014/08/28 16:04 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは。

元々神様の存在証明は難しくて、反論を無くすことは神様の姿を見せてもらうまでは無理だと思います。
それでも昔の人は色々考えて神様はこういう理由でいるんだ!と、色々説明しました。
でも、いたほうが皆が安心できるので説得はしやすいですよね。
現実では怖いことや恐ろしい話に怯えないといけないけど、せめて死後は救われると思えるほうが幸せです。
日本でもなぜか輪廻転生や死後の世界があるのが当たり前のような雰囲気があったりしますが、そんなものは絶対に無い!と誰かが証明すれば怖がる人も沢山出てくるわけです。信じたほうが死ぬにあたっても希望があるので結構救われます。次はお金持ちのイケメンに生まれ変わるんだ!とかねw
なのでこんな地獄のような世界では宗教は無くならないどころか本来ならもっと栄えるはずですが、安易に魔法が使えたので、神様がいる証明を考える人も暇もなかったと言う事と、ゲームを進めれば分かりますがエルミナ教を人々が信じるのは都合が悪いと知る人が現れ始めるのです。
ということで第二部はエルミナ教と対立する未来を見通す少女という図式になって行きます。
魔族も引き続きそのままその辺にいますが人間と戦争はしていません。
第二部の基本はインフィニットライフ+のシステムと通常時二人パーティ制です。
アイテムやモンスターなどのデータも全て流用して細部が違うだけですね。
でも新たな敵勢力との戦いもあるので多少ですがモンスターは増えます。
インフィニットライフ+は第二部を作る為についでに作り初めたので元々第二部用のシステムなんです。
でも作る時には兄弟姉妹を可能にしたり、ある程度改造しないと第一部に第二部は乗らないので新規製作になります。
1と2は出来るだけ互換するように作って、ただのバージョン違いのような認識になるように頑張る感じです。
ポケモンに何種類も色違いがあるような考え方と思ってもらえれば近いかな?

そして第三部は戦略シミュレーションゲームにして計画は終了します。

とまあこんな具合です。

ではまた。
[ 2014/08/28 18:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://123nora.blog.fc2.com/tb.php/274-5ab6f144









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。