2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10









ウルフエディターとRPGツクール

口説くmade

口説くまでは大体完成。
今はまだ親族を口説く事が出来てしまうけど、どうせプロポーズのところで親族をはねる処理を書くので、
それを流用できるようにして組み込むことにします。

眠いのも復活してきたかと思ったけど、やっぱり眠いw
外は寒いけど家は調度いい室温なのですぐ眠くなる・・・

さて、今日はウディタについて書こうと思います。
いくつか試してウディタでいこうと決めたわけだけど、問題がないわけではありません。

人それぞれ欲しい機能があると思うけど、作者はどうしても論理演算子が欲しい。
それを沢山一行に並べられるようにしてほしいのが一点。
インデントをTAB間隔にして欲しいのが一点。
画像Aと画像Bを合成して画像Cにしたいのが一点。
高速で動作するソート機能が標準で欲しいのが一点。

画像は重ねることしか出来ないけど、他の物はほぼすべてどうにかなるけど欲しい。
あ、TABもできないか!
でもまあこれだけ標準であれば作者は満足です^^
今のままでも十分すぎるほど凄いツールですけどね。

さて、今日はウディタの話なんだけど、このブログを見てたらなんでも簡単に作れているように見えているのかもしれません。
でも、基本システム解読には時間がかなりかかってます。
今はだいたいこの辺だろう?って感じで適当に基本システムに割り込ませて作っているけど、
流れがつかめるまではずうっと解析してました。

完成された基本システムの上に自分のシステムを乗せる訳だから、ゲーム自体の完成度は上がります。
だけどね、プログラムの経験が作者に無ければ、基本システム改造は途方も無い苦行だったと思います。
作者の場合、いままでのわけの判らない修行のおかげでとりあえずどうにかなっているのです。

RPGを作りたい人が修行をしたいと作者に聞いてきたら、作者はまず間違いなくRPGツクールをお勧めすると思う。
これは絶対。

さらに上級者の人が作者に聞いてきたらまたもやRPGツクールをお勧めすると思う。
ツクールの方が柔軟で、さらに限界が無い。スクリプトを組むのが手早く簡単だというべきかも知れない。
ウディタも限界は無いけど、柔軟さでRGSSにはどうしても勝てない。

中級者?よくわからないけどこのぐらいの人だったら、死ぬほど頑張る覚悟があるのならRPGツクール。
RUBY覚えるの大変だから勘弁してくださいという人はウルフエディタ←作者は今ココ
RPGツクールは高いしね><;
コストパフォーマンスはだれがなんと言おうと無料のウディタなんだけどね。

ほぼ全段階で作者の場合、他人にはRPGツクールをお勧めするわけだけど、
それはRGSSの分RPGツクールの方が明らかに強いから。

RGSSというのはRuby Game Scripting Systemといって、Rubyというオブジェクト指向のスクリプトがそのまま使えるようになってます。
これでなんでも操作できる。

ウルフエディタで言うところのコモンとかイベントとかのスクリプトを書く部分ね。
ウディタはRGSS無い代わりにコモンでほとんど全てを操作できるようになってます。なんでも。

じゃあほとんど変わらないじゃないか?というとそうでもない。
RGSSにはライブラリといっていろんな機能、おまけが付いてくるので、処理も柔軟で、さらに一行に沢山意味をもたせることが出来るので組みやすさが段違いなのです。仮にRGSSで3行で組めるスクリプトがウディタだと10行以上になるみたいなイメージかな?
でもね、RPGツクールのRGSSは茨の道なのです。
スクリプトとかプログラムなどは向き不向きがあります。
本当は皆出来るんだけど、心の中にある、出来ないという思いを乗り越えられない人には絶対に出来ません。
プログラムできるか出来ないかは才能じゃなくて、自分で知らないうちに決めてしまっているんです。
話がいつものように少しそれかけたので戻すと、

ツクールのRGSSがすぐれている分ツクールが強いのなら、ウディタもなんらかのスクリプトを搭載すればまず間違いなく全ての頂点に立つのではないか?無料だし。そう。多分2Dのゲーム開発ソフトではトップクラスの開発のしやすさになるとおもいます。そうなったら多分ウディタは1万くらいで売れるんではないかと思います。

でも、それをやったらウディタを使用する人も茨の道を通らなければならなくなります。
ウディタのよさは、ちょうどよい塩梅というか、難しいけど何をやるにしてもそこまで道が険しくは無いところにあります。
よくぞこんな簡単な操作でここまでのものを作れるツールを作ったものだと感嘆するほどです。
それも無料で。
日本語で書けるしねw

でも、作者が買ったRPGツクールがこのまま一回も使われないまま終わってしまうのかと思うと悲しいので、
次はRPGツクールを使うのは確定ですけどね。
ちなみにウディタとツクールどっちが好きかと作者が聞かれたら、答えはでません。
どっちも好きだと言うとおもいます。

ユニティとHSPを加えてもみんな好きだと言う。
どれも良いものなんだとw

さて、明日からはプロポーズ作ろうかな?
ブログも通常運転に戻ってゲームだけの物にもどします。

ではまたね。



スポンサーサイト
[ 2015/02/26 ] ゲーム製作日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://123nora.blog.fc2.com/tb.php/332-5a5b52c8