2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08











スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一人でゲームを作るのに必要な能力の個人的な考察 

ここにきて製作中の自作ゲームのクオリティが半端なく上がってきた。
まあ判ってたんだけどね。

ウルフエディタの作者の人が頑張って作った基本システム。
見れば見るほど頑張って作ったんだなと思う。
そこのソースコードに作者のやりたいことや、やるべきことが大体最初から入ってます。
それを使ったり、一部をコピペすることによって作者の力にプラスする事ができるので、
クオリティはアップします。
実際、現在のクオリティに作者が驚愕するわ!って感じになりつつある。マジで。

さて、先日かいたようにここからは一人でゲーム製作をするのに必要な能力についての、個人的な考察を書こうと思います。

大それた話だけど、いくつか作った上での個人的な考えとして書きますので、あらかじめご了承ください。
まず、やる気と根性はあらかじめあるというのが大前提で、その上で必要だと思う能力の話ね。

まず、ストーリーを作る能力。
これは有るほうがいい。無いよりも有ったほうがいい!という話。
でも、まともなストーリーは作れなくても面白いRPGは作れる。

次に絵。描ければなお良い。フリーゲーム製作で外注するボランティア精神があれば頼んでもいいかもしれない。
作者も子供の頃はかっこいい絵の書かれたゲームに目を引かれて「うわぁ~ほしい」とか思って買ったりしていたので、影響力はデカイ!果てしなくデカイ!!
そして「こんな絵、ゲーム中にでてこねえぞ!コラー!」と怒られることもないしね。
幼い作者はあんな綺麗な絵のキャラなんか一人もいない…となんど悲しんだことか!なんと卑劣な!!
でも、面白いと評価されながらも実際は可愛い絵みたさを刺激するだけなので、ゲーム自体の面白さとは違う。
でも、可愛い物を愛でる行為を否定をしているわけでもないよ!愛でる楽しみはあるとは思う。

次にシステム。これはね、もうけっこうどうでもいい。
どんなんでもいいの。どんなシステムでも作れる能力は絶対必要だけどね。

三つの全てを高い水準で維持するのは、まあ個人やる場合ではエロシェアウェア作ってその儲けのいくらかを次の作品の外注費に当てるくらいでしか維持は出来ない。それに最初の1作は自腹でクオリティをあげていくしかない。
フリーゲームだと自分の労働の対価なんてないから、外注なんかはよほどのボランティア精神がないと出来ないだろう。

以上、この三つの能力が十分にあったとしても、ゲームは面白くなる保障は無い。
面白くなるのなら商業メーカーがクソゲーを世に送り出すわけがないのだ。

それではなんの能力が一番必要なのか?
その能力があったとしてもゲームが面白くなるかどうかは未知数だけど絶対必要な能力とは?
基本的にはゲームとは映像作品なわけです。
ならば、小説を書けたり、絵を描けたり、難しいシステムを組めたり出来てもだめです。
極端だけど、いわば内容はダメでもより面白く感じさせる事の出来る、演出家なり監督のような能力が必要になります。

作者がブログで書いてることで言えば、無駄を削るとか、世界観、雰囲気を大事にしてそれに合わせて作る。などね。
ルナドンなんかは飛びぬけてそういう部分の力が強い。
作者が世界観をぶち壊すような内容の要素の一切を拒否する姿勢を貫くのは、こういうことなのだ。
いらない部分を削除するというより、作ってみて異物だと思えば取り除く。

作者は絵もかけないし、ストーリーは考えるだけで恥ずかしくなってくるので、この二つは作者の武器にはなりえません。
「ストーリー?考えるだけならいいけど、公表するんだろ?へんてこなストーリーを公開するなんて恥をしる人間としてそんなことは出来ん!」って所です。

ならばどうするか?
面白くなるように考えるしかないわけです。
ここはこうして、ああやって、統一感をだして…とかね。

内容は面白くなくても、面白いように演出する能力や作品の完成された状態を頭に入れて作業全体を調整する能力。
いわば演出家やプロデューサー、ディレクターなどの能力が一番重要です。
これに、ストーリーや絵、システム構築の能力がそろって初めて最高の名作が生み出されます。
数人でやる場合、監督する人の構想がダメダメだったらまったくだめです。

ゲーム作家にもそれぞれ得手不得手が当然あると思いますが、
作者の場合は演出する力がもっとも重要だと思うわけです。
それと他の大多数となるべく区別してもらえるゲーム作りね。

まあこれは作者の見解なので、他のゲーム作者にはあてはまらなかもしれない。
しかし、演出の能力が無ければまぐれ当たりでしか面白い物は作れないんだろうと思う。

※注意 ゲームに関する考察は個人的なものなので、一般論ではありませんよ!

とまあこんな感じ。
それかまあ、己の得意とするものを磨き上げるか?というところかな。
どちらにせよ一人では辿り着けないところに最高の名作という名誉があるんだろうとは思うけどね。

ではまたね。

あ、それと教会はギリギリまだ出来ていないので、終わったら依頼をやります。
結構組みなおし><;なので日にちが結構掛かるかも?

ScreenShot_2015_0419_19_28_11.png
ScreenShot_2015_0419_19_28_04.png
ScreenShot_2015_0419_19_27_59.png
ScreenShot_2015_0419_19_27_53.png
スポンサーサイト
[ 2015/04/20 ] ゲーム製作日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://123nora.blog.fc2.com/tb.php/368-39abd5fe









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。