2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12









忘れていた物作成

メニューのウィンドウ以外はだいたい出来た感じ。
ScreenShot_2015_0520.png
コマンドウィンドウの見た目変更は最後まで残しておく。
画面上NPC達のつづきがらが変な事になっているけど、ムリヤリ設定しているだけなのでバグではありません。

日常システムはいい感じに仕上がった。
まだ本格プレイはしていないので実際どうなのかはよくわかんないけど、ちょっと触って気になる所はもう無いように思う。

あとは他のNPCは賃金自体が安く、キャラを大事にして貰う為に契約の時にまとまった金額が必要になるようにしたいので、その金額の設定をどうするかで迷っているくらい。
雇ってそのまま虐殺などが初期では難しいようにね。

契約の金額設定を決めて、システム作ったら終わりだなと思っていたら、ふと思い出したことがあります。
代々の主人公を見る事が出来るシステム作るの忘れてた!!
これはないとまずい。
データ構造も考えないといけないし、まったく何にも考えてなかった…
とりあえず前作よりはパワーアップさせないといけないので、今回は10000世代記憶!を目指して作る事にする。
それとついでだから、どのくらいアイテムを見つけているのかが判るように図鑑各種を実装しようと思う。
モンスター図鑑もね。
ただ、やっぱり公式コモン集にあるものは試してみたけど作者の作品にあうものがないので、当然全部自作していくしかない。
でも、図鑑に関しては見つけているか見つけていないか?が判るだけでよく、既存の公式コモン集にあるものよりも格段に性能が落ちても良いので、楽はするけどね。
しかしモンスターに関してはもうデータの載せようすら無い。
同種モンスター間でも個体差が結構あるのでこれはもうどうしようもないのだ…

ここが出来る頃には契約金をどうするかの決断も出来るだろうと思う。
まずは各種図鑑簡易版をひとつずつ作って行きつつ、代々の主人公を記録するシステムを考える事にします。
今回はせめて嫁さんか旦那さんの記録と生まれた子供達の記録位は残したい。
これでワーネバとか俺屍に世代記録システム面では追いつくだろう。

作らないといけない物リストは作者の頭の中にしかなくて、それなのに結構忘れたりする。
それにしても10000世代記憶&表示システムは少し手間取るかも知れません。
10000世代も実際にプレイすることは無いと思うけど、1万を超えた時の処理や数が多いのでエラーの処理の作成と確認も含めてね。

今日はこんなところ。
ではまたね。



スポンサーサイト
[ 2015/05/21 ] ゲーム製作日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://123nora.blog.fc2.com/tb.php/387-36223677