2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12









練習

習作ゲーム名無し←クリック可能。

だけど、なにかトラブルがあり、損害が発生しても作者は責任を負いませんので、自己責任でお願いします。
お借りした素材の著作者様は臼井の会様とひみつ様、T30様です。


チュートリアルを一通りやって、4方向ゲームを作る前に、まずは2方向。左右に進めるゲームを試作していきます。
ADキーで左右、左クリックで切ます。
ファイルが全て揃っているかもまだ謎なので、プレイできるかもわかりません><。

clickteam fusion 2.5はやればやるほどおもしろいわと思いました。
完全に日本語で出来るしね。
でも、プログラミング不要!みたいなことがよく書いてあるけど、
なんらかの言語を使ったことがないと、これはやっぱり厳しいと思う。
それはやっぱりウディタもツクールもclickteam fusion 2.5も同じだった。

ユニティと比べても一長一短で、2Dゲームの込み入った物を作るならユニティの方がまだ作りやすいだろうと思う。
しかし、簡単な2Dゲームならclickteam fusion 2.5の方が手早く作れると思う。

試作というか練習のほうは二方向で出来たら次は上下左右の四方向に作り直す。
という具合に進めていきます。

敵も味方も攻撃しまくりで、攻撃待機とかほとんどないけどとりあえず後回しで、まず先に弓攻撃が出来るようにする。
その後は仲間を出して、仲間は接近戦をするように。
その時にはスタミナや待機時間なども組み込んで敵も味方も攻撃連打出が来ないようにしなければならない。

そこまで出来たら仲間と敵を順次増量していって、何匹分まで処理が耐えられるかを調べて、
敵と味方の最大量を見極めてみます。
二方向と四方向では処理が単純に倍になるのでより重くなるけど、どんなものかを2方向でまず見てみる。
最低許容ラインが敵100味方100。
実際やってみるときびしいかな~、とさすがに思うけど、とりあえずやってみないことには始まらない。
多少重い位だったらしょうがないのかなとも思う。
まだどの処理が重くてダメ!とかも良くわからないので完全に手探りだけど、
とりあえず100対100を目指します。
製作期間一ヶ月の予定だけど多分間に合う…間に合えばいいなと言う所。
1000対1000は二方向敵のみ1000匹で、まあ厳しかったので無理だと思う。
今日はこんなところ。
ではまたね。
スポンサーサイト
[ 2015/06/19 ] ゲーム製作日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://123nora.blog.fc2.com/tb.php/390-e9ecc381