2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10









だんだん判ってきた

試作2 Clickteam Fusion 2.5 Runtime Player, Clickteam 2014.←クリック可能
自己責任でどうぞ。今までの作った分の動作確認用EXEです。
今回の敵キャラはRPGドット様からお借りしています。
主人公キャラはゆらゆらドット様からお借りしてます。
左クリックで攻撃、右クリックでカーソルの場所に電撃範囲攻撃が出来ます。
移動はAが左でDが右です。
スペースで微妙にジャンプします^^;
右端の敵キャラは確認用でまとめてます。

キャラの制御や指定はもう完全に習得出来たと思う。
回転やエフェクトなどはまだ使ってないのでまったくわかんないけどね。

しかしもうすぐ無双出来そうではある。
最初のオブジェクトの絞込み部分でなんとか楽に出来ないか?まとめてなんとか・・・などと四苦八苦して、
楽に出来ない物は出来ん!と悟りを開いてからはずいぶんと楽になりました。
習得期間で言えば作者がツクールとウディタ、ユニティとCreated with Clickteam Fusion 2.5を使った経験からすると、多分最速でCreated with Clickteam Fusion 2.5(インディーゲームクリエイター)ある程度の習得率にまで辿り着けたと思う。

システムを1から作るスピードで考えるとユニティとあまり変わらないと思う。
ユニティは3Dと2D、Clickteam Fusion 2.5(インディーゲームクリエイター)は2Dアプリを製作するツールなので単純には比較できないけど、手軽さや使いやすさはClickteam Fusion 2.5のほうに作者の感覚では軍配が上がる。

仕様を覚えないと変な動作に泣かされる確率はClickteam Fusion 2.5に関しては凄い確率で起こる。
でも仕様とスクリプト?の流れが判ってしまえばとんでもなく使いやすい。
Clickteam Fusion 2.5はそんなツールだった。

ちょっと複雑なことをしようと思ったら、ある程度の壁は超えないといけないけどなにかのプログラム言語を覚えるより全然マシ。
逆に何かしらの言語を使えるほうが、これでいけるはず!という思い込みから変な壁にぶつかると思う。
ツクールやウディタを使えれば、ある程度頑張れば出来ないことはあんまり無いな・・・くらいのレベルにはすぐに到達できると思う。作者の感覚ではだけどね。

しかし一週間ほどずーっと調べ続けて、ようやく困ることは無くなったけど、まあでも大変だった。
作者が子供だったとしたら判らなくて泣いていたかもしれない。
だけどツール自体が面白くて手軽なのであきらめずに習得することが出来た。
まあ細かい事はこれからまだまだ覚えることは沢山あるけど、登場キャラの制御が完璧に出来るようになった以上恐れる物は何も無い。


今回の試作までは敵の攻撃はまだ主人公にはあたらない。
ただ敵を蹂躙するだけの物だけど、次は敵をもうちょっと作りこんで、仲間を登場させるシステムを作ります。
なかまが勝手に戦うんだけど、ある程度の指揮は出来るように。

まあここまでの文章でちょっと難しいかな~と思うかもしれないけど、簡単なシューティングゲームでいいのなら一日もあれば一面くらいは出来ると思う。
それくらい生産性は高い。神ツールだったこれ。まあでもユニティでも一日あれば簡単なシューティングゲームの1ステージくらいは
作れると思う。
でもユニティとClickteam Fusion 2.5を両方使ってみると判ると思うけど2Dシューティングなどを作るならClickteam Fusion 2.5の方が生産性は高いと作者は思う。
シューティングはあんまり好きじゃないから絶対に作者は作らないんだけどねw
どうやら作者はもうClickteam Fusion 2.5の信者になってしまったようにも思う。

今日はこんなところ。
ではまたね。



スポンサーサイト
[ 2015/06/23 ] ゲーム製作日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://123nora.blog.fc2.com/tb.php/393-4c386ddf