2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05









進捗2

モンスター召喚システムがほぼ完成↓
進捗2
 後から追加する機能も沢山予定していますが、基本的なものは完成しました。
 召喚モンスターも通常、個体差は誤差程度にして、ごくまれにエリートクラス、奇跡的な確率で王クラスが生まれるようにしたいけど、この辺りはバランスが見れる段階で作ればいいだろう。
次は奴隷市場の作成です。
システム設計を考えてみたけど、モンスター召喚システム流用プラス簡単改変だけでは、奴隷市場システム制作は若干無理っぽい。
表示関係はもう冒険者加入システムを流用しますので、簡単ですけどね。
奴隷市場は毎月一回のデータ変更をしますし、個人差?というか特徴もいい具合につくようにしなければならないからです。
彼はどんなスキルを持ってるか?とか、あとはまあ、彼女の魅力は高いかとか?
そんな風に吟味出来るように。

でも、戦闘に連れていける数は、主人公の統率系スキルレベルに左右されるし、
拠点の規模で仲間人数の限界も制限されます。

今回は、どれだけ空想させることが出来る環境を整えるか。
それと、どれだけクリア後の虚脱感をプレイヤーに与えられるのか。
この2点だけを考えて作っていきます。

 そんな事を考えていたら、空想か……それには闘技場が必要だ!実装やむなし!となったので、また作業が増えました。
モンスター用闘技場と人間用闘技場を用意すれば、飯が三杯食えるな… みたいなね。

闘技場はファイアーエ〇ブレムからの伝統があるし。ドラ〇エが先かな?どっちでもいいか。
しかし、そういえばルナドンには天下一武道会のようなものがあったな……
実装やむなし!


ではまたね。
スポンサーサイト
[ 2017/09/18 ] ゲーム製作日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://123nora.blog.fc2.com/tb.php/462-9f56e9d3